顔面痙攣に針治療は効かない

0
    ぼくは手術を受ける前に、針治療にもチャレンジしたことがあります。

    インターネットで一生懸命よさそうな鍼灸院を探して、何とか通える範囲の新橋に、割と有名な鍼灸院を見つけました。

    ここではさらにいいことに、保険治療ができるというのも魅力でした。

    ただ、針治療の保険対応に関しては、いろいろと手続きとか大変なことがありました。

    詳細は、今度書く針治療の保険対応をご覧ください。


    では、話がそれましたが、顔面痙攣を治療するために鍼灸院を訪ねたわけですが、ぼくが行った鍼灸院は、中国鍼灸院という有名な鍼灸院で、テレビなどでも紹介されたこともあるそうです。

    実際、いつ行っても混んでたという印象があります。

    そこで、初診の時に院長先生に診てもらったわけですが、

    「あぁ、治ります。だいじょぶです。」

    と、一言。

    ぼくは天にも昇る気持ちでした。

    「あんなに苦しめられていた顔面痙攣から、これで解放されるんだ!」

    もうワクワクで、早く治療を始めてくれってソワソワしてました。

    「ちなみに、何回くらいの施術で治るんでしょうか?」

    「う〜ん、やってみないとわからないけど、大体10回くらいでみんな治るよ。」(ちなみの中国人らしく発音がちょっと違う。)

    マジか!?10回で治るのか!それは楽しみだ!と、ホント〜に楽しみでワクワクしてました。

    10回で治るんだったら、今日1回の施術でも症状はかなり改善されるのでないか?などと物思いにふけりながら、指示通りにベッドに横になりました。

    ここでの治療法というのは、顔面にいわゆる鍼をさし、その鍼を洗濯バサミみたいな電極で挟んで、電気を流すのです。

    最初は弱く、ちょっとずつ強くしていって、

    「痛かったら、言ってください。」

    と、言われましたが、ぼくは、

    「きっと電流が強い方が、治りも早いに違いない。」

    と考え、相当我慢しましたw。

    電流が流されると、顔がピクピクしてきます。

    だんだん電流が強くなると、ピクピクがビクンビクンになってきます。

    さすがにこれ以上は…、というところで止めてもらいました。

    あとは、寝っ転がったまま、時が過ぎるのを待つだけです。

    確か一回の施術で50分くらいだったかと思います。で、料金は一回の鍼治療で6000円!

    決してお安くありませんね!

    ぼくはこれを、結局12回くらい受けたかと思います。

    それも、途中から先生が、

    「遠くまで来て、1回だけじゃもったいないよ。1日に2回やってもいいんだよ。その方が早く治るよ。」

    と言ってくれたので、その時から1日2回ずつ施術を受けるようになりました。


    結局症状が改善しないので、10回くらい受けたところで通わなくなりました。

    通院した日の鍼灸院からの帰りは、なんとなくよくなってる気がするんですが、一晩寝て起きると元の木阿弥。

    しかも、少しずつでも症状が改善してくれればやりがいもあったんですが、これっぽっちもよくならない。

    途中で先生に、

    鍼治療が、どういう原理で顔面痙攣を治せるんですか?」

    と聞いたことがありました。

    なんとなく、疑いの気持ちがぼくの中で渦巻いてきていたんでしょう。その質問に先生は、

    「鍼と電気の刺激によって神経をなだめたり、顔面神経に触ってる血管に、余分な血が行かないようにして、血管の動きを抑え神経を圧迫しないように出来ます。」

    というようなことをカタコトで言ってました。

    「おお、なんとなく説得力がある。もうちっと信じて続けてみよう!」

    その時はそう思ったぼくだったのですが・・・。


    残念です。


    施術は1回50分で、それが終わると鍼の位置を変えたり、体勢を変えたりするので、それで約10分。その後また50分くらい施術をするので、1日に2時間くらいかけてましたね。

    お金の方は1日に12,000円て事ですね…。

    今考えると信じらんないですけど、その時は絶対治るって信じてましたから…。

    初診の時の、先生の一言がとっても恨めしいです。

    通院をやめる決心をしたときは、

    「ぬか喜びさせんなよ!この詐欺師ヤロー!」

    くらいの罵倒を浴びせたいほどの心境でした。

    でも、この先生、日本語が分かってるんだかどうだかも怪しいし、もしかしたら分かっててうまくかわしてるのかもしれませんが、話がいまいち通じなかったんです。

    だから、言ってしまえば泣き寝入りって感じで、あきらめました。

    ただ、あくまで保険診療がきく治療ということで、時間はかかるようですが、あとできちんと手続きをして請求を書ければ、3分の2の4万円位は戻ってくるハズなので、金額的にはあまり気にしていませんでした。


    ところが、ここにもとんでもない落とし穴があったんです!


    それについては、顔面痙攣の鍼治療の保険診療の落とし穴で詳しく説明します。

    また、最後に、あなたの参考になりそうな鍼灸院のリンクを貼っておきます。



    ただ、間違いないでくださいね。上のリンク先の鍼灸院は、ぼくがおすすめしているわけでもなんでもありませんから。

    また、次のリンクはぼくが顔面痙攣の手術をする前に、顔面痙攣のことをいろいろ調べたりしてる時にたまたま見つけて、思わず熟読してしまったおすすめのサイトです。



    最後に念のため断っておきますが、文中に出てくる鍼灸院に対して、ぼくの心中を語る言葉として過激な言い回しをしておりますが、あくまでぼくが感じたことであって、この鍼灸院が実際に詐欺師だなんてことを言いたいのではありません。

    もちろん、初診のときの言い方に、患者に対する思いやりがもっとあっても言いかとは思いますが。

    また、鍼治療で顔面痙攣が感知する例もあるにはあるようです。

    ただ、その場合は、顔面痙攣の症状が現れた相当初期の段階で施術を受けないと、なかなか確率が低くなるようですが。

    JUGEMテーマ:顔面痙攣

    保険診療で顔面痙攣の鍼治療を行うには?

    0
      保険診療とは、つまり保険証が使えるということで、診療費は患者が3割負担ですむと言うことです。

      ただ、鍼灸治療などはその全てが保険診療で対応できるわけではありません。

      ここでは、顔面痙攣の鍼治療に限って、ぼくの経験を交えながら分りやすく説明していきます。

      (分りやすくなかったらごめんなさい(謝)!っつーか、コメント欄に質問とかしてくだされば、出来る範囲で調べなおします。)


      まず、顔面痙攣の鍼治療を保険診療で行う前提として、医師の治療を受けていなければいけません。そして、その医師による適当な治療手段がない場合に、その医師から同意書をもらえば、晴れて保険診療と認められます。

      ここで注意点は、同意書は3ヶ月ごとに再同意が必要なことと、保険診療で鍼灸治療を受けている期間は、その病気については病院にかかれないと言うことです。

      ぼくの場合、鍼治療を受ける前に、ボトックス注射も試しましたし、他の治療は考えられなかったので鍼治療にかけました。

      だから、顔面痙攣に関して、鍼治療以外の治療行為を受けに病院に行くつもりはなかったので、これに関しては問題ありませんでした。

      しかし、ボトックス注射を受けていたのは引っ越す前の家の近くの病院で、結構時間がたっていたのと距離が遠かったので、ちょっと難しいのでは?と考えていました。

      その旨を、鍼灸院に相談すると、(これはあまりおおっぴらに言わない方がいいのかもしれませんが……。)ちょっと裏技的な次の方法を教えてくれました。

      その方法と言うのは、とりあえず今の家の近くにある病院に行って、顔面痙攣の症状を見てもらい、以前にボトックス注射も受けたことを話し、他の治療法はないかと相談して(基本的に顔面痙攣の治療と言えば、ボトックス注射か手術くらいしかないので。)、その後に同意書をもらうと言うものでした。

      ぼくが行った鍼灸院での説明では、こともなげに簡単に話していたので、別段難しく考えることもなく、その後家に帰ってから駅から一番近い病院に行きました。

      ところが、その病院では、

      「うちでは取り扱ってないから、この近くの○○病院に行ってみては?」

      と別の病院を紹介されました。

      はじめはぼくが、病院の選択をミスったのかと思い、言われるままにその紹介された病院に行ってみました。

      ところが、その病院でもこういうことは受け付けてないと言われ、仕方がないので受け付けてくれそうなほかの病院を聞いて、そこに行ってみました。

      でも、結局そこもダメ。

      ちょっとハラが立ってきて、そこで診てくれたお医者さんに何で受け付けてないのか聞いてみました。

      だって、鍼灸院では当たり前のように同意書はもらえるような説明を受けてきたんですから、ぼくとしては、同意書はメンドクサイだけでお金にならないから、病院としてはイヤなのかな?とか考えたのです。

      ところが、実情はそうではなく、病院側としては、どうも鍼治療とかをまともな医療行為として認めてないようなんです。

      で、以前に同意書を発行したせいで、トラブルに巻き込まれたりしたことが結構あったらしいんですよね。

      なので、そういったことには関わり合いたくないと言うことで、飛び入りできた患者に同意書を発行するのはやめてるらしいんです。

      この時点で、なんだかちょっと鍼灸院に疑惑の念が沸き起こってきたのですが、仕方なく日を改めて、その旨を鍼灸院に伝えに行きました。すると、

      「この病院のすぐ近くの○○医院なら、確実にすぐ同意書をくれますよ。」

      とのこと。

      実は、この病院のことは、初診のときに紹介を受けていたんですが、受診時間が18時以降(だったと思います。)と遅かったので、(もちろんこの時間は、お勤めしてる人にはうれしい時間なんですが、ぼくは鍼灸院に行くときは、遠かったのでいつも午後半休取って行ってたんです。)避けてたんです。

      まぁ、こうなっては仕方ないので、その病院に行きました。

      結果として、あっさり同意書をいただきました。言い方は悪いけど、なんかグルになってるって感じがしました。(←提携してるって言えばいいのかな(笑)?)

      そういうワケで、何とか無事、ぼくは顔面痙攣を保険診療として鍼灸治療出来ることとなったのです。


      その顔面痙攣の鍼灸治療の内容については、「顔面痙攣に鍼治療は効かない」を参照していただくとして、最後に、とーっても大事な大事な注意点を教えちゃいます!


      顔面痙攣の鍼灸治療は、たとえ保険診療が認められたとしても、その全額が保険診療として認められたわけではありません!

      「えっ!?どういうこと?」

      って感じですよね?

      これはつまり、例えば通常の保険診療で1万円かかったとすると、患者さんは3割負担と言うことで3千円払うことになるわけですが、鍼灸治療の場合の保険診療は、その治療の一部を保険診療として認めます。と言うことなのです。

      そもそも、鍼灸院で保険診療が認められた治療をしても、その場で3割負担にはなりません。

      全部の治療が終わってから、協会健保とかに手続きをして、後から保険の負担分が戻ってくるのです。

      だから、ぼくも保険の負担分の計算表とかが、協会健保から戻ってきてはじめてこの事実を知ったんです。

      このことをはじめに説明されていれば、あれほど気軽に何回も鍼灸治療を受けなかったと思います。

      このことに関しても、ぼくはどうも鍼灸院に対していい感情がもてなくなりました。

      もちろんぼくのリサーチ不足は否めませんが、鍼灸院の説明では、簡単に保険診療が受けられると言うものだけだったので、もちろん3割負担で済むと思い込んでも仕方ないと思います。


      あなたも、顔面痙攣はおつらいでしょうが、鍼治療を受けるときは重々注意して、よく考えて計算してから受けてくださいね。


      ちなみに、ぼくの場合はいくら治療費がかかったかと言えば、一回6千円の鍼治療を10回ほど受けて、6万円。

      で、ぼくの計算では、4万円以上戻ってくると思っていたんですが、実際に戻ってきたのは、

      1万9千円!

      程度でした……。(料金は場合によって変わると思いますので、詳細は、鍼灸院や協会健保や国保の窓口等にお問い合わせくださいね。)

      あの時、ぼくは初めて、センベイさん(←古いか(笑)?ドクタースランプ、あられちゃん知ってる?)みたいに、自分の目が飛び出たのを感じました。

      JUGEMテーマ:顔面痙攣

      顔面痙攣の症状を抑える効果のあるリボトリール

      0
        ぼくは以前、顔面痙攣の症状を抑えるために、リボトリールという薬を処方されてたことがありました。

        その時に通っていたのは眼科だったのですが、その眼科の医師から処方箋をもらって薬局に行くと、薬剤師さんに、

        「何の病気の治療なんですか?」

        と聞かれました。

        リボトリールという薬は、難しいことを言えば、ベンゾジアゼピン系と言われる抗てんかん薬で、脳の神経を鎮めて発作やけいれんを抑える効果がある薬だそうです。

        また、神経を鎮めてくれるので、パニック障害や、躁うつ病の精神安定剤などにも服用されるそうです。

        なので、眼科で処方されることは珍しかったのでしょう。

        そんなリボトリールは、割とよく効く薬の割には副作用も少ないそうで、なかなかオススメの薬なんだそうですが…。

        まぁ、数少ないリボトリールの副作用の中で、ぼくにてきめんに表れたのが、眠気です。

        いやー、眠かった!

        眠いというより、もう、すっ、と、落ちる感じをよく味わいました。

        とてもじゃないけど、怖くて車の運転なんかできませんでしたね。

        なので、お医者さんには、

        「一日2回まで飲んでいいですよ。」

        とは言われてましたが、ぼくは、人に会う前とかにしか飲みませんでした。

        家族といるだけのときなどは、別に顔が痙攣してたって構いませんからね。

        ただ、初めのころはそんなことも分からず言われるままに服用してましたので、仕事中にいびきをかいて寝てしまい、先輩に大笑いされたことがあります(汗)。

        また、これは絶対真似しないでほしいんですが、ぼくの場合人と会うってことは、たいてい酒を飲むってことになるんです。

        ホントーに、これは気を付けた方がいいですよ。リボトリールの注意書きにも書いてありますし。

        「服用中にアルコールを飲むと、薬の作用が強く出るので控えてください。」

        と。

        これ、マジやばいです。

        ぼくは、あるとき友人の新築祝いにお呼ばれされたんですが、その時も、やはり人と会うということでリボトリールを服用してました。

        そして、お祝いということは、やはりお酒飲まなきゃ失礼ですよね(笑)?

        で、たらふく食って飲んでしたぼくは、今度は食べたものを出したくなっちゃって、あ、上からじゃなくて下からね。(お食事中の方、ごめんなさい!って、んなことないか(笑)!)

        で、そんなわけでトイレに行ったんですよ。

        まぁ、最近のトイレって言ったら洋式が主流ですよね?ましてや新築なんですから、当然洋式です。

        ぼくは当然ズボンとパンツを下ろして、トイレに腰を下ろしました……。

        ……。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



        ズドーン!

        「え?」

        ……。 ガラガラガラ!

        「おい!ピクりん!だいじょぶか!」

        ……。 そうです。

        ぼくは、まんまと気持ちよく落ちちゃったんです。

        いや、眠りにも落ちましたが、便器からも落ちたんです(汗)。

        相当デカい音がしたそうです(ズドーン!の後の「え?」は、ぼく以外の周りのみんなの「え?」です(笑)。)が、ぼくはそのまま気持ちよく寝てたそうです。

        もちろん、丸出しで(恥)!

        やっぱり、う○こついてたのかなぁ……。

        ましてや、新築のピカピカのトイレで……。

        まぁ、かなり仲のいい家族ぐるみの親友だったので、出禁にもならず笑い話で済みましたが、ぼくはこの事件(?)をキッカケに、リボトリールを服用することを固く自分に禁じたのでした。

        (↑いや、リボトリールの服用中にアルコールを飲むことを禁じろよ!って話なんですがね。)

        JUGEMテーマ:顔面痙攣

        | 1/1PAGES |